障害年金とは

「障害年金」とは、公的な年金の1つで、病気や事故が原因で障害を負った方へ、国から年金が給付される制度であります。

障害者のための特別な手当と勘違いされている人も見えますが、実は老齢年金と同じ公的年金です。

65歳以前に初診日があり、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるような場合に現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。


ポイント

  • 原則として20歳から65歳までの人がもらえる
  • うつ病や統合失調症等の精神疾患、ペースメーカーや人工関節を体に入れた方、人工透析を受けている方など幅広い障害が対象になります(以下に詳細資料を添付します。)

ただし、老齢年金に比べると認定基準などが複雑です。

そこで専門家にご相談されることをお勧めします。当センターでは無料相談を実施しております。ご活用頂ければ幸いです。


無料相談

093-
644-
00689時~17時(月~金)
障害年金相談票
ダウンロード