肝疾患による障害

平成26年6月1日に肝疾患の障害認定基準が改正されました

平成26年6月1日から、障害年金の審査に用いる肝疾患の障害認定基準を一部改正されました。
改正のポイントは以下のとおりです。

  • 重症度を判断するための検査項目について見直しを行いました。
  • 障害等級を客観的に判断するため、検査項目の異常の数を入れました。
  • アルコール性肝硬変の基準を追加しました。

※改正に関してのパンフレットを見たい方はこちら


最新の肝疾患による障害認定基準


無料相談

093-
644-
00689時~17時(月~金)
障害年金相談票
ダウンロード