眼の障害

平成25年6月1日に眼の障害認定基準が改正されました

平成25年6月1日から、障害年金の審査に用いる眼の障害認定基準が改正されました。

改正のポイントは以下のとおりです。
視野の障害の2級の基準が一部追加されたため、今まで該当しなかった方が該当する可能性があります。
改正前:両眼の視野が5度以内(1/2視標)
改正後:改正前に加えて、次のいずれにも該当する方が2級に該当します。

(1)両眼の視野が10度以内(1/4視標)
(2)中心10度以内の8方向の残存視野のそれぞれの角度の合計が56度以下(1/2視標)

現在、障害年金を受けていない方は新たに障害年金を請求すれば、該当する可能性があります。3級の障害年金を受けている方も2級になることがあります。

※改正に関してのパンフレットを見たい方はこちら


最新の眼の障害認定基準


無料相談

093-
644-
00689時~17時(月~金)
障害年金相談票
ダウンロード