障害年金の等級|福岡障害年金サポートセンター

障害年金の無料相談予約
トップページサポート料金ご依頼から受給までスタッフ紹介事務所案内
トップページ ≫ 障害年金の等級
障害年金の等級
障害年金が支給される「障害の程度」については、
「国民年金法施行令」および「厚生年金保険法施行令」によって障害等級(1〜3級)の基準が定められています。
※身体障害者手帳の等級とは異なります。

障害
等級
法律による定義
具体的には
1
身体機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの 他人の介助を受けなければ日常生活のことがほとんどできないほどの障害の状態です。身の回りのことはかろうじてできるものの、それ以上の活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲がベッドの周辺に限られるような方が、 1 級に相当します。
2
身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 必ずしも他人の助けを借りる必要はなくても、日常生活は極めて困難で、労働によって収入を得ることができないほどの障害です。例えば、家庭内で軽食をつくるなどの軽い活動はできてもそれ以上重い活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅で、活動の範囲が病院内・家屋内に限られるような方が 2 級に相当します。
3
傷病が治らないで、労働が著しい制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度のもの 労働が著しい制限を受ける、または、労働に制限を加えることを必要とするような状態です。日常生活には、ほとんど支障はないが労働については制限がある方が 3 級に相当します。
障害
手当金
傷病が治ったもので、労働が制限を受けるか、労働に制限を加えることを必要とする程度のもの

福岡の障害年金専門家が年金取得をトータルにサポートします。

福岡障害年金サポートセンター