障害年金とは?|福岡障害年金サポートセンター

障害年金の無料相談予約
トップページサポート料金ご依頼から受給までスタッフ紹介事務所案内
トップページ ≫ 障害年金とは?
障害年金とは?
障害年金とは?20歳以上のすべての国民が加入を義務づけられている「公的年金」。

公的年金には、自営業や主婦、学生などが加入する「国民年金」、サラリーマンが加入する「厚生年金」、公務員等が加入する「共済年金」があり、だれもが、いずれかの公的年金に加入することになっています。

年金というと、老後の生活を支える「老齢年金」がすぐに思い浮かびますが、現役世代にとっても、不慮のけがや病気などで障害の状態になったときの「障害年金」、家計の支え手が亡くなったときの「遺族年金」が支給されるなど、"人生のもしも"を支える重要な社会保障制度です。

その中の「障害年金」は、私たちが病気やけがなどによって障害の状態になったとき、生活を支えるものとして支給されます。

「障害の状態」とは、視覚障害や聴覚障害、肢体不自由などの障害だけでなく、がんや糖尿病、高血圧、呼吸器疾患などの内部疾患により、長期療養が必要で仕事や生活が著しく制限を受ける状態になったときなども含まれます。

また、障害手帳をもっていない場合でも、障害年金を受けることができます。

福岡の障害年金専門家が年金取得をトータルにサポートします。

福岡障害年金サポートセンター